初めての方へ

columnコラム

セルフvio脱毛のやり方を解説!正しい自己処理方法

全店舗

2021.11.18

vio脱毛の正しいやり方をご存知でしょうか。

 

vio脱毛は近年需要が高まっており、セルフで行う人も増えてきている傾向にあります。

しかし、非常にデリケートな部位であるため、セルフ脱毛するには正しいやり方を知っておくことが大切です。

 

そこで本記事では、セルフvio脱毛のやり方を解説していきます。

 

正しい自己処理方法を知ることで安全に脱毛していくことができますので、セルフvio脱毛を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

アンダーヘアvio自己処理のコツ

 

vioは部位によって皮膚の厚さや粘膜との距離に違いがあるのが特徴です。

 

これらの違いを踏まえ、vioのアンダーヘアを自己処理する際のコツを部位別に紹介していきます。

 

vライン自己処理のコツ

vラインはvioの中では比較的皮膚は丈夫な方になりますが、それでもデリケートな部位となっています。vラインを自己処理する際は、以下の手順で行うことが大切です。

 

  1. ハサミでアンダーヘアを2cm程度の長さまでカット
  2. 電気シェーバーでシェービング

 

 

一番のポイントは、剃毛前にハサミでアンダーヘアをカットしておくことです。最初に毛を短くしておくことで、シェービング時に毛が引っかかるのを防ぐことができます。

 

また、カット後のシェービングでは、電気シェーバーを用いるようにします。カミソリや毛抜き、除毛クリームなどでは刺激が強いため、デリケートなvioの剃毛には適していません。シェービングは毛並みに逆らうと肌を傷つける原因になりかねないので、毛の流れに沿って行うことがポイントです。

 

※ vラインをデザイン脱毛する際には、ハサミの代わりにヒートカッターを使うのもおすすめです。ヒートカッターでは毛先を尖らせずにカットすることができるため、アンダーヘアの肌へのチクチク感をやわらげることができます。

 

iライン自己処理のコツ

 

iラインの自己処理の流れはvラインとほとんど変わりはありません。しかし、粘膜に違い部位なのでより慎重に行う必要があります。手順としては以下の流れになります。

 

  1. 鏡を前に置き、足を開いて座る
  2. ハサミでアンダーヘアを2~3cm程度の長さまでカット
  3. 電気シェーバーでシェービング

 

iラインは非常に見えづらい部位となっているため、処理時には鏡を使用します。足を開いて座り、鏡を通してiラインが見えるよう、無理のない態勢を心掛けることがポイントです。

 

準備ができたところでカットに入っていきますが、iラインは粘膜に近いため無理は避けてvラインよりも若干長めにカットしておくことが大切です。カットする際は刃を粘膜の方に向けないよう、細心の注意を払って行います。

 

また、iラインは皮膚がやわらかくなっているため、シェービングの際は皮膚を軽く引っ張りながら行うと剃毛しやすくなります。

 

oライン自己処理のコツ

oラインは自分からは完全に見えない位置にあるため、vioの中で自己処理が最も難しい部位となっています。鏡は必須となるため、oラインを自己処理する際は必ず用意しておきましょう。自己処理の流れは以下の通りです。

 

  1. 鏡を下に置き、上にまたがるような姿勢をとる
  2. ハサミでアンダーヘアを2~3cm程度の長さまでカット
  3. 電気シェーバーでシェービング

 

鏡を頼りに指で毛を探りながらカットしていくことがポイントです。毛の長さを把握するのも難しいため、おおよその目安でカットしていく形で問題ありません。iライン同様粘膜が近くにあるため、無理なカットは避けていくことが大切です。

 

oラインも皮膚がやわらかく、凹凸が多い部位でもあるため、シェービングする際は皮膚を軽く引っ張りながら行うことが剃毛のコツとなります。

 

vio自己処理で気を付けたいこと

 

vioは他の部位よりも非常にデリケートなため、自己処理する際も注意が必要になってきます。

 

特に注意する点としては、以下の3点が挙げられます。

  • 処理前の保温と処理後の保湿を必ず行う
  • 浴室で処理は行わない
  • 毛周期に合わせて処理する

 

 

自己処理に伴う刺激を減らすために、自己処理前は肌を温めておくことが大切です。vioは少しの傷がかゆみや黒ずみなどに大きくつながるため、肌への刺激を最小限に抑える保温処置は欠かせません。ホットタオルで温めた状態や、入浴後の肌が温まっている状態で行うことがベストです。

 

肌の乾燥を防ぐために、自己処理後の保湿も確実に行う必要があります。vioの保湿では、刺激性の弱い化粧水や乳液・クリームなどを使用することがポイントです。

 

 

また、vio脱毛では多くの濃い毛が落ちるため、入浴中に浴室で処理する方も見受けられますが、浴室での自己処理はおすすめできません。浴室は湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境になっているためです。自己処理後のvioは刺激に敏感なため、雑菌が入ると肌トラブルを起こす可能性も考えられます。風通しの良い部屋で下に新聞紙などを敷いて処理するようにしましょう。

 

そして、vioの自己処理は頻度が多いと刺激が強くなることから、必要最低限の回数に止めるよう注意が必要です。一般的には毛周期に合わせて行うとよく、個人差はありますがおおよそ2, 3か月に1度の間隔で行うのが一般的となっています。

 

デリケートゾーンはセルフ脱毛サロンがおすすめ

vioのようなデリケートゾーンは自己処理が困難な部分もあり、全てを自宅で行うのは難しいこともあります。一方、脱毛サロンではスタッフに見られることになるため、抵抗を感じて行きづらいのも事実です。

 

そのようなときは、セルフ脱毛サロンがおすすめです。

セルフ脱毛サロンのメリットとデメリット!料金や脱毛効果を徹底解説!

 

セルフ脱毛サロンだったら見られずにvio脱毛

 

セルフ脱毛サロンであれば個室が用意されており、基本的な処理は自分一人で行うため、スタッフに見られる心配はありません。vioを見られることに抵抗がある人でも、安心して脱毛することができるようになっています。

 

また、脱毛サロンでしか使えない専用機器もあるため、自宅での処理よりも綺麗に仕上げることが可能です。oラインなどの自己処理が困難な部位に関しては、希望すればスタッフによる処理も受けられるため、確実にvio処理ができます。

 

脱毛のやり方や機器の使い方など、分からないことがあればいつでもスタッフに聞くことができるので、初めての方でも安心してセルフ脱毛をすることができるようになっています。

 

セルフ脱毛サロンだから通うのが楽

 

セルフ脱毛サロンであれば、楽に通うこともできます。

 

通常の脱毛サロンでは施術時間が長くなることも多々あることから、多くの時間を確保する必要があり、通うのも面倒になりがちです。

 

一方、セルフ脱毛サロンであれば通常の脱毛サロンのような長時間の縛りもなく、自分の好きなタイミングで始め、納得したところで処理を終えることができます。時間の確保が難しい方でも、短時間の確保で済むため通いやすくなっているのです。このようなところもセルフ脱毛サロンの魅力の一つとなっています。

 

セルフメイド店舗一覧

 

セルフメイド(SELFMADE)は山口県や大阪府、愛媛県などを中心に店舗を展開しており、多くの方のセルフ脱毛を支えているセルフ脱毛サロンです。

 

セルフメイドの店舗一覧は以下の通りとなっています。

 

山口県(7店舗)

 

 

愛媛県(1店舗)

 

大阪府(1店舗)

 

神奈川県(1店舗)

 

中国地方や関西、四国などの方は比較的行きやすくなっています。また、関東の方でも神奈川県に1店舗展開しているため、行くことが可能です。