初めての方へ

columnコラム

毛を薄くする方法!小学生のムダ毛を薄くするには?処理方法を徹底解説

全店舗

2021.11.23

小学生のムダ毛を薄く

小学生の子供の毛を薄くしてあげたい、そのような思いを抱えた方はいないでしょうか。

 

最近では毛の濃さを気にする小学生も増えてきている傾向にあり、子供の毛を薄くしてあげたいと悩む親御さんも少なくありません。

 

小学生の場合、どのように薄くしてあげればいいのか悩ましいところです。

 

そこで本記事では、小学生にも対応している毛の処理方法を徹底解説していきます。

 

どれも簡単にできる方法となっていますので、小学生の子供をお持ちの方は是非参考にしてみてください。

 

小学生の毛を薄くする方法

 

毛を薄くする方法には様々なものがありますが、小学生にも対応しているものとしては以下のものがあげられます。

  • 除毛クリームや電気シェーバーなどで除毛する
  • 偏った食生活を改善する
  • 偏った食生活を改善する

 

毛を薄くする最も手っ取り早い方法は、やはり除毛をすることです。除毛アイテムには除毛クリームや電気シェーバーなどがありますが、基本的には大人と同じものでも問題はありません。しかし、小学生の肌はやわらかく、大人に比べて刺激に敏感になっているので、極力低刺激なものでやさしく丁寧に行うよう気を付ける必要があります。

除毛する加減についても、少し薄くするのか、あるいはほとんどツルツルになるまで薄くするのかなど、程度に差があるので、しっかりと相談しながら除毛していくことが大切です。

 

偏った食事を減らすことも、毛を薄くするのに有効です。一般的に牛肉や豚肉などの動物性タンパク質、砂糖や菓子類などの糖分の取り過ぎは男性ホルモン優位の状態をつくるため、体毛が濃くなる原因になります。小学生は成長期に当たるので偏った食事を減らすことは特に大切になってきますが、バランスの良い食事は健康面だけでなく、毛を薄くするためにも効果的になってくるのです。

 

また、紫外線対策も毛を薄くするのに有効です。紫外線は肌でのメラニン合成を活発にし、体毛を濃くする働きがあるため、紫外線の浴びすぎを防ぐことは毛が濃くなるのを防ぐことにつながります。紫外線対策をすることは日焼けを防止するためだけでなく、毛が濃くなるのを防ぐためにも大切になってくるのです。小学生は登下校などで紫外線に当たる機会も多いため、日焼け止めクリームなどを塗っておくことが効果的な方法と言えます。

 

ムダ毛を薄くするアイテム

 

ムダ毛を薄くするアイテムには様々なものがありますが、ここでは代表的なものをいくつか紹介していきます。

 

アイテムごとに特徴も異なってくるため、自分に合ったものを選んでいきましょう。

  • 除毛クリーム
  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 脱毛サロン

 

除毛クリーム

 

除毛クリームは毛を溶かして除毛するアイテムとなっています。

 

除毛したい部位に塗り、5~10分程度待った後に洗い流すだけで除毛できるため、かなり手軽で即効性のある方法です。クリーム状のため保湿性もあり、剃毛の必要がないため一度に広範囲の除毛をすることが可能となっています。

 

除毛クリームは毛を溶かすため除毛後に毛先が尖ることも少なく、剃毛したときのようなチクチク感が出ることはほとんどありません。

 

しかし、毛を溶かす成分が肌に刺激になることもあり、敏感肌の方では肌が荒れる可能性もあることから、使用前にはパッチテストをしておくなどの注意が必要になってきます。

 

小学生の子供に使用する際には、肌の質や状態などを考えて使うようにしていきましょう。

 

カミソリ

 

カミソリは毛を剃って除毛するアイテムとなっています。

 

非常に安価であり、百円ショップやドラッグストアなどで簡単に購入することができるのが魅力です。最近では毛を薄くすくのに特化した「すきカミソリ」というものもあり、薄くする程度に合わせたものも選びやすくなっています。

 

しかし、カミソリは肌への負担がやや大きくなっており、場合によっては色素沈着や肌荒れなどを起こす原因にもなりかねないので、シェービングクリームを塗るなどの前処置をしておくことが大切です。剃った後は乾燥もしやすいため、乳液や保湿クリームなどでしっかりと保湿しておく必要があります。

 

カミソリは安価に除毛できる一方、剃った後に毛の断面が濃く見えたり、毛先がチクチクしたりすることがあるなど、懸念点が多いのがデメリットとなっています。刃が鋭い場合もあるため、小学生が扱う場合には十分な注意が必要です。

 

電気シェーバー

 

電気シェーバーも毛を剃ることで除毛ができるアイテムとなっています。

 

電気シェーバーは値段が若干高い傾向にありますが、刃が直接肌にあたることがないため、安全に脱毛することが可能です。顔用のものや体用のものなど、部位に合わせたものも多くあり、除毛部位に合わせて専用のものを選ぶことができます。

 

カミソリや除毛クリームなどに比べて刺激が少ないことから、肌にやさしく敏感肌の方でも安心して除毛することが可能です。しかし、いくら肌にやさしいと言っても全く刺激がないわけではないので、剃毛後にはしっかりと保湿する必要があります。

 

電気シェーバーは脱毛前の事前処理に使用されることも多く、老若男女様々な人に使われている除毛アイテムです。小学生でも安心して使っていくことができます。

 

脱毛サロン

 

ムダ毛を薄くするには、脱毛サロンに行くのも1つの方法です。

 

脱毛サロンでは基本的に除毛でなく「脱毛」を行うため、根本からムダ毛を薄くすることが可能です。脱毛することで定期的な除毛も必要なくなるため、将来的にムダ毛処理で時間を使うことがほとんどなくなります。専門の技術・知識を持ったスタッフが施術をするため、安心して任せることができ、専用の機器が配備されていることから自宅で行うよりも綺麗な仕上がりになります。

 

しかし、脱毛サロンでは1度の施術で終わることはほとんどありません。脱毛を終えるまでには少なくとも何度か通う必要があり、全ての施術を終えるまでに10万円前後の値段が必要になることもあります。スタッフに毛を見られることに抵抗を感じる人も少なくなく、小学生に対応していない店舗も多々あり、これらのことが脱毛サロンのデメリットとなっています。

 

ちなみに、毛を見られることに抵抗がある場合には、セルフ脱毛サロンに行くという選択肢もありです。セルフ脱毛サロンでは基本的には個室で自分で施術を行うため、スタッフに見られることはほとんどありません。施術時間も長くなることは少なく、始めから終わりまで自分のタイミングで脱毛することが可能になっています。

 

 

 

セルフメイドなら小学生の脱毛も可能

 

セルフメイドは山口県や愛媛県、大阪府など、主に西日本を中心に店舗を展開しているセルフ脱毛サロンです。

 

セルフメイドでは鍵付きの完全個室でセルフ脱毛を行うため、スタッフに見られる心配は全くありません。

 

両親のどちらか、あるいは親権者が同室することで小学生の脱毛も可能になっています。

 

さらに、セルフメイドの脱毛機器にはチャイルドモードがあり、刺激に敏感な小学生の肌に合わせたやさしい脱毛をすることができます。

 

小学生の場合、機器の使い方が分からないことも多いですが、セルフメイドでは両親や親権者が同室できるため、小学生の子供に施術をしてあげることも可能です。

 

個室で2人のみで施術ができるため、他人に毛を見られることに抵抗のある子や、人見知りの激しいタイプの子でも、安心して脱毛することができるようになっています。分からないことがあればいつでもスタッフに聞くこともできるため、脱毛に詳しくない親御さんでも安心して子供に脱毛してあげることができます。

 

このように、セルフメイドは小学生でも安心して脱毛することができるセルフ脱毛サロンとなっているのです。