初めての方へ
columnコラム

高校生のアンダーヘアの正しい手入れ方法!セルフで脱毛しても大丈夫?

学生

2022.3.18

高校生

高校生のアンダーヘアの正しい手入れ方法をご存知でしょうか。

 

最近ではデリケートゾーンの状態を気にする人が増えており、高校生でもアンダーヘアを手入れすることが多くなっているのが現状です。

 

しかし、高校生がアンダーヘアを手入れする際の正しい方法については、知らない人も多くいることが想定されます。

 

そこで本記事では、高校生のアンダーヘアの正しい手入れ方法を紹介していき、セルフ脱毛やセルフ脱毛サロンに通うメリット、その注意点などについて解説をしていきます。

 

アンダーヘアの手入れを検討している高校生には役に立つ内容となっていますので、是非本記事を参考にしてみてください。

 

高校生のアンダーヘアの正しい手入れ方法5選

高校生のアンダーヘアの正しい手入れ方法を以下で5つ紹介していきます。

 

カミソリで剃毛する

カミソリで剃毛することで簡単にアンダーヘアを手入れすることができます。

カミソリはドラッグストアやコンビニなどで多く販売されており、値段も低価格のものが多いので、高校生でも手軽に購入することが可能です。

 

ただ、カミソリは刃が剥き出しになっており、肌への刺激が大きく、肌を傷つける恐れもあるので、扱う際には注意が必要です。

 

電気シェーバーで剃毛する

電気シェーバーは刃が隠れた構造になっているので、肌への刺激を抑えながら安全にアンダーヘアを手入れすることができます。

肌を傷つける心配もほとんどないので、安心して剃毛することが可能です。

最近ではアンダーヘア用の電気シェーバーも販売されているので、初めての場合にはそのようなものを使用するとより安心です。

 

しかし、電気シェーバーは機能面が優れている分値段がやや高い傾向にあるので、高校生で購入を考えている場合には親などに相談した方がよいかもしれません。

 

ヒートカッターでカットする

ヒートカッターを使うことでチクチク感を残さずにアンダーヘアをカットすることができます。

ヒートカッターは毛を焼き切ってカットしていくので、カット後に毛の先端が尖りにくく、チクチク感を感じにくくなっているのです。

 

ただ、熱を伴うことから皮膚に接触すると火傷などの危険性もあるので、手入れする際にはゆっくりと慎重に行うことが大切です。

 

除毛クリームで除毛する

除毛クリームを使ってアンダーヘアを除毛することもできます。

除毛クリームは毛を溶かして除毛するアイテムとなっており、剃毛する必要がありません。

塗った後に少し放置してから洗い流すだけで完了するので、手間をかけずにアンダーヘアを手入れすることが可能です。

 

しかし、除毛クリームに含まれる毛を溶かす成分が肌にとって刺激になることがあるので、敏感肌の人などは控えた方がよいこともあります。

 

家庭用光脱毛器で脱毛する

家庭用光脱毛器を使うことでアンダーヘアをセルフ脱毛することができます。脱毛では毛包やその周辺組織にダメージを与えていくので、アンダーヘアを根本的に減らすことが可能です。

そのため、除毛するよりも効果が持続しやすくなっています。

ただし、家庭用脱毛器は出力が弱いため、場合によっては効果を実感できない場合もあります。また、値段が高価。。。

そこでおすすめなのが、セルフ脱毛サロンです!

 

高校生でセルフ脱毛して大丈夫?

高校生でセルフ脱毛しても大丈夫なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

結論を言うと、高校生でセルフ脱毛しても問題はありません。

 

しかし、高校生のセルフ脱毛については以下の点に注意する必要があります。

 

肌へのダメージに注意する必要がある

高校生は成長期に当たるので、大人に比べて肌が敏感な状態になっています。

そのため、脱毛時の刺激が肌への負担になりやすく、脱毛後にそのままにしておくと肌が乾燥して肌トラブルが生じる可能性も否定できません。

肌の乾燥を抑えるためにも、脱毛後にはしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。

 

脱毛効果が得られないこともある

高校生は成長期なので肌の細胞分裂が活発に行われています。脱毛は毛包やその周辺組織にダメージを与えるので、細胞分裂が活発だとその部位の細胞や組織が再生して再び毛が生えてくることがあります。そのため、高校生の場合は脱毛しても効果が得られない可能性があるのです。ただ、成長期には個人差があるので、同じ高校生でも成長期を終えている場合であれば脱毛効果を得られる確率は比較的高くなります。

 

女性の場合は生理期間での脱毛は控えた方が安心

女性は生理中やその前後の期間でホルモンバランスが乱れやすく、肌が非常に敏感になりがちです。高校生の場合はその傾向が顕著であり、脱毛で肌に刺激を与えると肌トラブルが生じやすくなってきます。そのため、脱毛する場合には生理中やその前後の期間は控えた方が安心です。

 

 

高校生がセルフ脱毛サロンに通うメリット

 

セルフ脱毛は自宅でもできますが、セルフ脱毛サロンに通う方が一般的であり、高校生の場合はセルフ脱毛サロンに通うメリットが多いのが実際のところとなっています。

 

ここでは高校生がセルフ脱毛サロンに通うメリットを解説していきます。

 

時間の融通が利いて通いやすい

社会人の場合は帰宅時間が不規則なことが多く、時間の確保が難しいこともあり、脱毛のタイミングを見つけることが難しいのが現状です。しかし、高校生であれば勉強や部活などはあるものの、放課後のタイミングは規則的なことが多く、時間の融通が比較的効きやすくなっています。そのため、学校帰りなどのタイミングで定期的に通いやすく、理想的な頻度で脱毛することが可能です。

 

学割が適用されることがある

セルフ脱毛サロンの中には学割制度を導入しているところもあり、高校生の場合は学割が適用されることも多いです。そのため、通常よりもお得に脱毛しやすくなっています。

 

デリケートゾーンに自信が持てる

セルフ脱毛サロンでは専用の脱毛器を使ってセルフ脱毛できるので、家庭用のものよりも大きな効果が期待できます。しっかりとアンダーヘアを脱毛できるので、デリケートゾーンに自信が持ちやすいです。また、効果が高い分定期的にアンダーヘアを手入れする必要がなくなるので、手入れする際の肌へのダメージを抑えることが可能です。

 

セルフ脱毛サロンの注意点

 

高校生がセルフ脱毛サロンに通う場合には多くのメリットがありますが、注意点もいくつかあります。

 

具体的には以下の点に注意が必要です。

 

保護者の同意書が必要なことが多い

セルフ脱毛サロンでは高校生などの未成年者が脱毛する場合には、保護者の同意書が必要になることが一般的です。そのため、あらかじめ保護者に相談して同意書に記入捺印などをしてもらう必要があります。店舗によっては初回契約時に保護者の同席が必要なところもあるので、前もって調べておくことが大切です。

 

あらかじめ自己処理しておく必要がある

高校生の場合は脱毛経験が少なく、脱毛前に自己処理しておく必要があることを知らない場合が多いです。安全に、そして効果的に脱毛していくためにも、事前に自己処理しておくことは大切なので、脱毛前には忘れずにアンダーヘアを自己処理しておくようにしましょう。アンダーヘア脱毛前の自己処理については以下で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

 

セルフvio脱毛のやり方を解説!正しい自己処理方法

 

セルフメイドなら学割適用

 

セルフ脱毛サロン「セルフメイド」では16歳〜22歳の学生に10%割引の学割が適用されるため、16歳以上の高校生であればお得にセルフ脱毛することができます。

それに加えてセルフメイドでは次回予約するだけで割引されるリピート割という制度もあり、学割とリピート割を併用することができるので、さらにお得に脱毛することが可能です。

 

 

また、セルフメイドには以下のような特徴もあるため、アンダーヘアを脱毛しやすくなっています。

 

  • 痛みの少ないSHR脱毛を導入している
  • 鍵付きの個室なので他人に見られる心配がない

 

高校生がアンダーヘアをセルフ脱毛する場合にはピッタリのセルフ脱毛サロンとなっていますので、気になる方は是非一度公式サイトをご覧になってみてください。