初めての方へ
columnコラム

小鼻におすすめのセルフ脱毛!産毛や毛穴に効果的

セルフ脱毛

2022.3.24

小鼻のセルフ脱毛

小鼻の脱毛を検討している方はいないでしょうか。

 

小鼻は他人から見られやすい部位であることから、女性を中心にセルフ脱毛している人が増えているのが現状です。

 

しかし、小鼻の産毛をセルフ脱毛することに関して、メリットや注意点などを知らない人も多くいることが想定されます。

 

そこで本記事では、小鼻の産毛を処理するメリットや小鼻のセルフ脱毛時の注意点、小鼻をセルフ脱毛するのにおすすめなセルフ脱毛サロン「セルフメイド」について解説をしていきます。

 

小鼻のセルフ脱毛を検討している方には役に立つ内容となっていますので、是非本記事を参考にしてみてください。

 

小鼻の産毛を処理するメリット

 

小鼻の産毛を処理することには多くのメリットがあります。

 

具体的には以下の通りです。

 

  • 毛穴の黒ずみを解消できる
  • 化粧ノリがよくなる
  • 基礎化粧品が侵透しやすくなる

 

 

毛穴の黒ずみを解消できる

小鼻の毛穴が黒ずむ原因としては角栓の酸化が有名ですが、実は産毛が黒ずんで見えていたということも意外にあるものです。小鼻の産毛を処理することで視覚的に産毛が見えなくなるので、産毛による毛穴の黒ずみを解消することができます。

 

また、小鼻に産毛が生えていると産毛に角質が絡まりやすく、それが角栓となって毛穴に詰まる可能性も否定できません。角栓の詰まりを抑える意味でも、小鼻の産毛処理は大切になってきます。

 

化粧ノリがよくなる

小鼻の産毛を処理するとメイクが肌に密着するようになるので、化粧ノリがよくなります。化粧ノリがよくなるとファンデーションなどがよく伸びるようになり、メイクの仕上がりがよくなるため、小鼻を綺麗に見せることが可能です。

 

また、脱毛して産毛を処理した場合には毛穴の引き締め効果も期待できるので、毛穴からの皮脂分泌が抑えられ、化粧崩れを抑えることが期待できます。化粧が長持ちしやすくなることで、メイク直しなどに手間がかからなくなることも期待できそうです。

 

基礎化粧品が浸透しやすくなる

小鼻に産毛が生えていると産毛が障壁となり、化粧水や美容液などの基礎化粧品が毛穴へ浸透しにくくなる可能性があります。基礎化粧品の毛穴への浸透はスキンケアの効果を得るうえで大切なので、産毛が障壁になることで小鼻に肌トラブルが生じる可能性も否定できません。

 

一方で小鼻の産毛を処理すると障壁がなくなるので、基礎化粧品を毛穴に浸透させやすくすることができます。基礎化粧品が小鼻の毛穴にしっかりと浸透することで、スキンケア効果の向上が期待できそうです。

 

小鼻の産毛処理はセルフ脱毛がおすすめ

 

小鼻の産毛を処理するにはいくつかの方法がありますが、中でもセルフ脱毛がおすすめです。

 

セルフ脱毛には以下のような特徴があります。

 

  • 毛穴が引き締まる
  • トーンアップが期待できる
  • 自己処理する必要がなくなる

 

毛穴が引き締まる

小鼻の産毛をセルフ脱毛すると毛穴から産毛が生えなくなるので、毛穴が引き締まるようになります。毛穴が引き締まることで角栓が詰まりにくくなるので、小鼻の黒ずみを抑えることが可能です。また、毛穴にゴミや細菌、メイク汚れなどが入りにくくなるので、炎症などの肌トラブルを予防することもできます。

 

トーンアップが期待できる

セルフ脱毛すると小鼻の産毛を減らすことができるので、肌の中で黒色の占める割合を減少させることができます。すると小鼻がくすみにくくなるので、トーンアップ効果が期待できるわけです。鼻は顔の中でも目立つ部位にあるので、小鼻のトーンが上がることで顔全体のトーンアップも期待できるかもしれません。

 

自己処理する必要がなくなる

セルフ脱毛すると生えてくる産毛の量を減らすことができるので、定期的に産毛を自己処理する必要がなくなります。産毛を処理する際には肌へのダメージは避けられないものですが、処理する必要がなくなることで肌へのダメージを減らすことが可能です。結果として小鼻に肌トラブルが生じにくくなり、小鼻を健康的に保つことができるようになります。

 

また、小鼻の産毛処理に時間を費やす必要がなくなるので、その時間を他のことに有効利用することも可能です。

 

小鼻をセルフ脱毛する時に注意すること

 

小鼻をセルフ脱毛することには多くのメリットがある一方、いくつかの注意点もあります。

 

具体的には以下の点に注意が必要です。

  • 保湿ケアを忘れず行う
  • 小鼻が日焼けしないように気をつける
  • 効果を実感できるまで時間がかかる

 

 

保湿ケアを忘れずに行う

脱毛後の肌はダメージを受けており、刺激に対して敏感になっています。鼻の場合は肌が薄いこともあり、特に刺激に敏感になりやすいので、そのままにしておくと肌トラブルが生じる可能性も否定できません。小鼻への刺激を抑えるためにも、脱毛後は忘れずに保湿ケアをしておくことが大切です。ちなみに、保湿する際には極力刺激の少ない保湿剤を用いた方が安心です。

 

小鼻が日焼けしないように気をつける

セルフ脱毛するときに小鼻が日焼けしていると、施術できなくなる場合があります。セルフ脱毛では光脱毛が主流であり、光脱毛の多くはメラニン色素に反応する光を用いるため、小鼻が日焼けしていると光が小鼻に過剰吸収されてしまう恐れがあるのです。場合によっては火傷などの危険性を伴うこともあります。このような理由から小鼻が日焼けしていると施術できない場合が多いので、脱毛前には小鼻を日焼けさせないように注意することが大切です。

 

施術後の小鼻についても刺激に敏感になっており、日焼けすると炎症などの肌トラブルを引き起こす恐れがあるため、日焼けさせないように注意する必要があります。

 

効果を実感できるまでに時間がかかりやすい

小鼻の産毛は含まれるメラニン色素量が比較的少ないため、光脱毛で光を照射しても反応しにくいことが多いです。そのため、施術1回あたりの脱毛効果が小さい場合が多く、効果を実感できるまでに時間がかかりやすくなっているのが現状となっています。ただ、SHR(スーパー・ヘア・リムーバル)脱毛のようなメラニン色素に反応しない光を用いる光脱毛の場合には、含まれるメラニン色素量にかかわらず同様の効果を見込むことが可能です。

 

小鼻セルフ脱毛に必要な回数

 

小鼻をセルフ脱毛する場合には何回の施術が必要になってくるのでしょうか。

 

これについては脱毛する度合いによって異なる場合が多く、一般的には以下の通りとなっています。

 

  • 自己処理が不要になる:12~15回程度
  • ツルツルになる:15~18回程度

 

先ほど説明したように小鼻の産毛は含まれるメラニン色素量が少なく、施術1回あたりの脱毛効果が小さい傾向にあるので、これくらいの回数は必要になってくることが多いです。

 

しかし、産毛の濃さや量には個人差があり、人によってはこれより少なく済むこともあれば多くの回数が必要になることもあるので、その点については注意が必要になってきます。

 

セルフメイドなら低料金で小鼻セルフ脱毛

 

セルフ脱毛サロンのセルフメイドであれば、低料金で小鼻のセルフ脱毛をすることができます。

 

セルフメイドにはリピート割という制度があり、次回予約をするだけで次回の施術料金が割引される仕組みになっているためです。小鼻のセルフ脱毛は施術回数を重ねる必要があるので、リピート割を使えばお得にセルフ脱毛することができます。

 

また、セルフメイドには以下のような特徴もあるため、さらにお得にセルフ脱毛することが可能です。

 

  • 入会費や年会費が不要
  • 料金システムが都度払い制

 

入会費、年会費が不要なところは初めての方にとって嬉しいところです。都度払い制は施術時間に応じて決められた料金を支払う仕組みであり、小鼻であれば多くの施術時間を要することは比較的少ないので、お得に脱毛しやすくなっています。

 

このように、セルフメイドではお得に小鼻をセルフ脱毛することができるので、小鼻のセルフ脱毛を検討している場合には是非一度公式サイトをご覧になってみてください。