初めての方へ
columnコラム

脱毛中の日焼けがNGな理由!日焼けでも脱毛可能な方式は?

脱毛

2022.8.18

脱毛を予定していた部位が日焼けしてしまったという方はいないでしょうか。

 

日焼けをするとメラニンが過剰合成されるので、一般的な光脱毛では光が過剰吸収されてしまう可能性があります。

しかし、光脱毛の中でも比較的新しいSHR方式であれば、光がメラニンに反応することはないので、日焼けしていても問題なく脱毛することが可能です。

 

ちなみに、セルフ脱毛サロン「セルフメイド」ではSHR方式の光脱毛を採用しているので、日焼けをしていても安全に脱毛することができます。

 

本記事では、脱毛中の日焼けがNGな理由や、脱毛中に日焼けしてしまった場合の対処法、日焼けの影響を受けない脱毛方式などについて解説をしていきます。

 

脱毛部位が日焼けしてしまった方や、近々脱毛を考えている方には役に立つ内容となっていますので、是非参考にしてみてください。

 

脱毛中の日焼けがNGな理由

アームカバーをする女性

一般的な光脱毛では、脱毛中に日焼けをすることはNGとなっています。

 

理由については以下の通りです。

 

火傷を引き起こす恐れがある

光脱毛の多くはメラニンに反応する光を使用するため、肌が日焼けしているとそこに光が過剰吸収され、場合によっては火傷を引き起こす恐れがあります。

そのため、脱毛サロンなどでは日焼けをしている部位に関しては脱毛できないケースが多いです。

 

脱毛効果が減少する可能性がある

一般的な光脱毛では、肌が日焼けしていると肌に光が吸収されやすくなってきます。

すると、毛に吸収される光の量が少なくなってしまうので、脱毛効果が減少してしまう可能性が出てきます。

脱毛部位の毛が細かったり、薄かったりする場合には、この傾向が顕著です。

 

肌トラブルを誘発する可能性がある

脱毛の施術は少なからず肌へ刺激を与えてしまうので、施術後には肌が炎症を起こしていることも多々あります。

そのため、施術後に日焼けをしてしまうと炎症を悪化させる恐れがあり、程度によってはいくつかの肌トラブルを誘発させてしまう可能性も否定できません。

 

どれくらいの日焼けなら大丈夫?

日焼け止めを塗る女性

先ほど脱毛中の日焼けはNGだということを説明しましたが、どれくらいの日焼けであれば大丈夫なのでしょうか。

 

このことについては、以下の通りとなっています。

 

肌色が変化していない程度であれば問題なし

仮に日焼けをしてしまったとしても、肌の色が変わらない程度であれば、肌に光が過剰吸収される心配はありません。

そのため、一目見て色の差が感じられず、日焼けしていることが分からない場合には、基本的に問題はありません。

 

脱毛部位以外の箇所であれば問題なし

脱毛部位が日焼けしてしまうのはNGですが、脱毛部位以外の箇所が日焼けすることに関しては基本的に問題はありません。

ただ、脱毛部位に近い箇所が日焼けしていると、施術の影響を受ける可能性があるので、その点については注意する必要があります。

 

脱毛中に日焼けした場合の対処法

日焼けを気にする女性

いくら気をつけていたとしても、日焼けをしてしまうことは誰にでもあり得ます。

 

仮に脱毛中に日焼けをしてしまった場合には、対処法として以下のことをあげることが可能です。

 

日焼け部位を冷やす

日焼けすると肌が炎症を起こしてしまいますが、これは軽い火傷を起こした状態とほとんど同じと言えます。

そのため、日焼けをした場合にはその部位を冷却し、炎症を鎮めることが対処法として有効です。

冷却する際には冷えたタオルをやさしく当てたり、周辺からシャワーをゆっくりかけたりなど、極力肌への刺激にならないように注意することが大切になってきます。

 

保湿する

日焼けした後の肌は乾燥しやすくなっているので、保湿して乾燥を防ぐことも対処法として有効です。

保湿すると肌に水分が行き渡りやすくなるので、肌の機能が正常に保たれやすく、日焼けからの回復も比較的スムーズになりやすくなってきます。

 

美白ケアをする

美白ケアをするとメラニンの過剰合成を抑えやすくなるので、日焼け後に色素沈着ができるのを防ぎやすくなります。

日焼け後に色素沈着ができてしまうと、施術が思うようにできなくなることもあるので、スムーズに施術をしやすくするためにも美白ケアをしておくことは大切です。

 

期間を空ける

期間を空けるとターンオーバーによって日焼けが回復しやすくなるので、期間を空けて回復を待つというのも対処法として有効になってきます。

日焼けの程度がひどい場合には1〜2か月、軽い場合には2週間程度空けておくと安心しやすいです。

 

日焼けNGな脱毛方式

 

日焼けがNGな脱毛方式として、代表的なものは以下の通りです。

IPL脱毛

IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛はメラニンに反応する光を照射し、毛に光を吸収させて毛根へダメージを与えることで脱毛する脱毛方式となっています。

IPL脱毛は細く薄い毛に対してはあまり効果を期待することができませんが、濃く太い毛に対してはしっかりと効果を期待できるのが特徴です。

ただ、光がメラニンに反応することから、脱毛部位が日焼けしていると施術することが難しくなってきます。

 

SSC脱毛

SSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛は抑毛成分を含むジェルを肌に塗り、その上から光を照射して脱毛していく脱毛方式です。

SSC脱毛ではジェルを肌に塗布するため、肌にやさしく、痛みも比較的伴いにくいのが特徴となっています。

ただ、SSC脱毛で照射する光もメラニンに反応するようになっているので、脱毛部位が日焼けしていると施術するのが難しくなってきます。

 

日焼けの影響を受けない脱毛方式

光脱毛には、日焼けの影響を受けるために日焼けがNGな脱毛方式と、日焼けの影響を受けないために日焼けしていてもOKな脱毛方式があります。

日焼けがOKな脱毛方式として、代表的なものは以下の通りです。

 

SHR脱毛

SHR(スーパー・ヘア・リムーバル)脱毛は光脱毛の中でも比較的新しく、肌に熱を蓄積させて脱毛していく脱毛方式となっています。

SHR脱毛は毛包周辺のバルジ領域と呼ばれる部位に直接ダメージを与えていく脱毛方式なので、照射する光がメラニンに反応することはありません。

そのため、脱毛部位が日焼けしていても、問題なく施術することができるようになっています。

 

また、メラニンに反応しないことで光が毛に吸収されなくなっているので、瞬間的な強い痛みを感じにくく、安心して施術することが可能です。

 

セルフ脱毛サロンのセルフメイドはSHR脱毛方式

セルフ脱毛サロンには様々な店舗がありますが、中でも「セルフメイド」は脱毛方式としてSHR脱毛を取り入れている店舗となっています。

 

そのため、セルフメイドでは日焼けしていても脱毛することができ、施術時には痛みも感じにくくなっています。

 

そのほか、セルフメイドには以下のような特徴があり、安心して脱毛することが可能です。

 

リピート割でお得に脱毛できる

セルフメイドにはリピート割という割引制度があり、次回の施術予約をするだけで次回の施術費用が2200円も割引されるようになっています。

そのため、脱毛で複数回の施術が必要になっても、お得な値段で脱毛することが可能です。

 

入会費と年会費が無料

セルフメイドでは入会費と年会費が一切かかりません。

入会費と年会費は総額が高くなる要因になりがちですが、セルフメイドではこれらの費用が無料なため、総額も安くなりやすくなっています。

 

2人で脱毛することができる

セルフメイドでは個室に入って自分で施術をしていきますが、1つの個室に対して2人まで入室することが可能です。

そのため、友人どうしや家族、カップルなどで2人で一緒に脱毛することができるようになっています。