初めての方へ
columnコラム

脇毛を剃るデメリットは?男性におすすめの処理方法を解説

脱毛

2022.11.13

脇毛を剃ることにはデメリットもあるので、あらかじめ知ったうえで行いたいものです。

 

本記事では、脇毛を剃るメリット・デメリット、脇毛処理方法について解説していきます

 

脇毛を剃るメリットとデメリットがしっかり分かるようになっていますので、脇毛を剃るか悩んでいる男性は必見です。

 

脇毛の役割

脇毛の役割

リンパ節を守る効果

脇毛は脇の下のリンパ節を守る役割を果たしています。

 

リンパ節は脇の下や首などに位置する免疫器官の1つで、体の免疫機能を調節する役割を果たす一方、外部刺激の影響を受けやすい側面があります。

 

刺激の程度によってはリンパの流れが悪くなり、冷えやむくみなどの症状が生じる可能性も否定できません。

 

脇の下は皮膚が薄く、リンパ節が外部刺激の影響を大きく受けやすくなっているので、脇毛がリンパ節を守る働きをしているのです。

 

肌の摩擦を防ぐ

脇毛は肌の摩擦を防ぐ役割も果たしています。

 

脇は密閉性が高く、他の部位よりも温度が上がりやすい傾向があります。

 

そのため、他の部位よりも汗をかきやすく、汗による擦れを起こしやすいです。

 

摩擦の程度によっては肌にかゆみやヒリヒリ感などが生じる可能性も否定できません。

 

そのような中、脇毛はクッションとしての役割も果たすので、脇毛が汗による擦れなどを防ぎ、過剰な肌の摩擦を抑えているのです。

 

異性を惹きつけるフェロモンを広める

脇毛には汗を留めてフェロモンを広める働きもあります。

 

脇の匂いは今となってはあまり良いイメージではありませんが、以前はコミュニケーションの手段として使われており、異性を惹きつける役割を果たしていたと言われています。

 

つまり、脇の匂いがフェロモンとして機能していたわけです。

 

このような見方をすると、脇毛には汗を留める働きがあるので、脇毛はフェロモンを付けて異性を惹きつける役割を果たしているとも言えるのです。

 

脇毛を剃るメリット

脇毛と男性

脇毛を剃るメリットとしては女性ウケが良くなることがあげられます。

 

女性は男性の脇毛に対して以下のように思っている傾向があり、男性の脇毛をあまり良く思っていないのが実態です。

  • 清潔感がない
  • 整えてほしい
  • 掃除が大変(同棲している場合)

 

そのため、男性は脇毛を剃っておいた方が女性からの印象が良くなるケースが多いと言えます。

 

ただ、脇毛には男らしさがあり、全く無いのは微妙と思っている女性もいるので、剃りすぎには少し注意が必要かもしれません。

関連記事

男性が脇毛処理をするメリットとは?処理方法も紹介!

 

脇毛を剃るデメリット

剃るデメリット

脇毛を剃るデメリットとしては、以下のことがあげられます。

  • 男らしさが下がる
  • 肌トラブルを招く可能性がある
  • 剃った後にチクチクしやすい

 

先ほど説明した通り、脇毛には男らしさがあり、全く無いのは微妙と思っている女性も一定数います。

 

そのため、脇毛を剃りすぎた場合には男らしさが下がり、女性ウケが下がることもあるかもしれません

 

それ以外にも、脇毛を剃ると脇へ刺激を与えてしまうので、脇が乾燥しやすくなってきます。

 

そのままにしておくと肌トラブルを招く可能性もあるので、剃った後には保湿ケアが欠かせません。

 

また、自己処理で剃った後には脇毛に断面ができることも多く、チクチクしやすくなるので、脇が気になりやすくなってきます

 

男性におすすめの脇毛処理方法

 

脇毛処理にはいくつかの方法があります。

 

以下では男性におすすめの方法を紹介していきますので、脇毛の処理方法を知り、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

カミソリ

手軽な処理方法としてカミソリを使った方法があげられます。

 

カミソリは毛を剃って処理していくので、その場ですぐに効果を実感できます。

 

多くの店舗で販売されており、安価で手に入りやすく、扱いも難しいことはないので、手軽に脇毛の処理が可能です。

 

ただ、カミソリは毛を剃るだけなので、少し時間が経つと再び毛が生えてくるようになっています。

 

構造としても刃が剥き出しになっており、肌への刺激が大きいので、処理する際には注意が必要です。

 

除毛クリーム

 

脇毛は除毛クリームでも処理できます。

 

除毛クリームは毛を溶かして処理できるアイテムなので、塗布して少し置いた後、洗い流すだけで脇毛の処理が可能です。

 

塗った後に剃る必要もないので、手間をかけずに楽に脇毛の処理ができます。

 

ただ、除毛クリーム中の毛を溶かす成分が肌に刺激を与えやすくなっているので、肌が敏感な場合には様子を見た方が安心です。

 

また、他の部位に付着しないよう慎重に使っていくことも大切になってきます。

 

毛抜き

毛抜きで処理することも可能です。

 

毛抜きは毛を引き抜いて処理していくので、毛根ごと毛を処理できます。

 

毛は毛根ごと処理されると毛周期が乱れるので、処理してから一定期間は毛を生えにくくすることが可能です。

 

ただ、毛抜きで毛を引き抜くと毛穴が傷つきやすく、痛みを伴ったり、場合によっては出血したりすることもあります。

 

傷ついた部位から雑菌が侵入すると肌トラブルを引き起こす可能性も出てくるので、注意が必要です。

 

ブラジリアンワックス

 

ブラジリアンワックスを使った処理方法もあります。

 

ブラジリアンワックスは塗布して毛に絡ませた後、専用シートを上から貼り、ワックスごと引き剝がすことで毛を処理していく方法です。

 

ワックスは広範囲の毛を絡ませることができるので、一度に多くの毛を処理でき、一定期間生えにくくすることができます。

 

ただ、ブラジリアンワックスは引き剥がす際に肌への負担が大きく、痛みも伴いやすくなっているので、肌が敏感な人は注意が必要です。

 

脱毛サロン

 

脱毛サロンで処理することもできます。

 

脱毛サロンでは脱毛ができるので、しばらくの間脇毛を生えにくくすることが可能です。

 

特に、脱毛サロンでは光脱毛を取り入れているところが多いので、比較的少ない痛みで脱毛ができます

 

費用についても医療脱毛より安いことが多いので、安心して脱毛することが可能です。

 

ただ、光脱毛は脱毛器の照射出力が若干弱く、効果が分散されやすい傾向があるので、脱毛を終えるまでに少し期間を要することもあります。

 

医療脱毛

 

医療脱毛での処理も可能です。

 

医療脱毛は脱毛クリニックで行われ、レーザーを照射して脱毛していくので、脱毛効果が大きくなりやすくなっています。

 

そのため、脱毛を終えるまでの期間についても比較的短く済みやすいです。

 

ただ、レーザーを照射するために発生する熱量が大きく、痛みを伴いやすいという懸念があります。

 

場合によっては麻酔が必要になるケースも珍しくないので、その点については注意が必要です。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器で処理する方法もあります。

 

家庭用脱毛器は自分で脱毛ができるアイテムなので、1つ持っていると自宅に居ながら脱毛することが可能です。

 

原理は光脱毛と同じであり、光を照射しながら脱毛していくので、痛みも少なく自分で簡単に脱毛できます。

 

ただ、家庭用脱毛器は脱毛サロンの脱毛器と比較すると性能が低く、脱毛効果が小さい傾向があるので、効果を実感できるまでにはやや長い期間を要することが多いです。

 

女性ウケの良い脇毛の処理

 

先ほど説明した通り、女性は男性の脇毛に対してあまり良く思っていない傾向があるので、男性は脇毛を処理した方が女性ウケが良いです。

 

ただ、脇毛には男らしさがあり、全く無いのは微妙と感じている女性も一定数いることから、「ツルツルにし過ぎずボリュームを抑えた形」がより多くの女性が望む男性の脇毛と言えます。

 

それ以外にも女性は清潔感を重視しているので、脇毛を処理する際には清潔感を意識するとより良くなるかもしれません。

 

脇毛を剃るデメリットや処理方法のまとめ

 

本記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 脇毛にはリンパ節を守ったり、肌の摩擦を防いだりするなどの働きがある
  • 脇毛を剃るメリットとして、女性ウケが良くなることがあげられる
  • 脇毛を剃るデメリットには、肌トラブルを招く、チクチク感が出やすいなどがある
  • 脇毛処理は、カミソリ、除毛クリーム、毛抜き、ブラジリアンワックスがおすすめ
  • 脱毛での脇毛処理は、脱毛サロン、医療脱毛、家庭用脱毛器がおすすめ

 

脇毛を剃ることにはいくつかのデメリットがあり、なかなか一歩を踏み出せないでいる男性もいるかもしれません。

ただ、脇毛を処理するには複数の方法があり、中でも脱毛はそれらのデメリットを少なくできるので、脇毛を処理するには脱毛するのが特におすすめです。

 

脇毛は剃るよりセルフメイドでセルフ脱毛したほうがお得

セルフ脱毛では自分で脱毛ができるので、手軽に脱毛することができます。

 

セルフ脱毛するには様々な方法がありますが、セルフ脱毛サロン「セルフメイド」には以下の特徴があるので、セルフ脱毛するにはおすすめです。

 

SHR脱毛を取り入れている

セルフメイドではSHR脱毛という脱毛方式を取り入れています。

 

SHR脱毛は蓄熱式脱毛の1種であり、肌に熱をゆっくりと蓄積させて脱毛していくので、ほとんど痛みを伴いません。

 

そのため、痛みが心配な場合でも安心してセルフ脱毛することができます。

 

リピート割でお得になりやすい

セルフメイドにはリピート割という割引サービスがあり、次回の施術予約をすることで次回の施術費用が2200円割引されるようになっています。

 

脱毛する場合には複数回の施術が必要になってきますが、セルフメイドにはリピート割があるので、お得にセルフ脱毛していくことが可能です。

契約する必要がない

セルフメイドでは契約が不要になっており、入会費や年会費などの契約金がかからないようになっています。

 

そのため、金銭的な負担が小さく、手軽に脱毛を始めることが可能です。

 

料金の支払いが都度払い制になっている

セルフメイドでは料金を都度払いで支払っていきます。

 

都度払いだと一度にまとめて料金を支払う必要がなく、まとまった金額を用意する必要もないので、安心してセルフ脱毛していくことが可能です。