初めての方へ
columnコラム

脱毛をしたい高校生が親を説得する方法を解説!

学生

2022.12.3

親に脱毛を反対されている高校生はいないでしょうか。

 

高校生の場合は、ムダ毛のコンプレックスや高校生で脱毛するメリット、安いサロンなどを伝えれば親を説得しやすくなります。

 

本記事では、高校生が脱毛する際の注意点や親が脱毛に反対する理由、親を説得する方法などについて解説していますので、是非参考にしてみてください

 

高校生でも脱毛はできるのか?

脱毛自体は高校生でも可能

 

そもそも脱毛は高校生からできるのか、疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

 

先に結論を言うと、脱毛は高校生からでもできます

 

脱毛は技術的には年齢に関係なくできるものなので、肌に問題がなければ高校生からでも可能なのです。

 

ただ、高校生は肌が敏感になっているので、脱毛によって肌が乾燥しやすい傾向があります。そのままにしておくと乾燥が進行して肌トラブルが生じることもあり得るので、脱毛後はしっかりと保湿ケアをしておくことが大切です。

 

高校生が脱毛する際の注意点

中学生

誰がお金を払うのかを明確にする

 

脱毛は高校生の場合でも決して安価ではありませんが、高校生はお金をあまり持っていないことがほとんどです。

 

そのため、高校生が脱毛する際には事前に誰がお金を払うのかを明確にしておく必要があります

 

仮に親に支払ってもらう場合には、お金を借りるのか、あるいは全額支払ってもらうのかなどを事前に決めておくことが大切です。

お金を借りる場合には、後になってトラブルにならないよう、具体的な額や期限なども含めて詳細に決めておくようにしましょう。

 

また、自分でお金を支払っていく場合には、無理のない範囲なのかを確認しておくことが大切です。

脱毛で全額使ってしまうと他のことにお金を使えなくなるので、厳しそうな場合には親に相談するようにしましょう。

 

同意書を用意する

 

高校生は未成年にあたるので、クリニックで医療脱毛、あるいはサロンで脱毛する際には、保護者の同意書が必要になってきます。高校生を含む未成年者が自分だけの判断で脱毛を始めることはできないので、その点については注意が必要です。

 

同意書はクリニックやサロンのホームページなどで入手できるので、印刷して保護者に記入してもらうようにします。

保護者の予定次第では記入に時間がかかることもあり得るので、脱毛することを決めた場合には早めに保護者に相談しておくことが大切です。

 

また、店舗によっては同意書が必要なだけでなく、初回契約の際に保護者が同伴する必要があるところもあるので、その点についても事前に確認しておくようにしましょう。

 

脱毛効果が十分にえられない可能性がある

高校生はまだ成長過程なので、成人と比べると生えている毛が薄い傾向があります。

脱毛は毛が薄いほど効果が小さくなりやすいので、高校生のように毛が薄いと脱毛効果が十分に得られない可能性も否定できません

 

また、高校生は成長過程であることから、体内の細胞分裂が活発に行われており、毛根やその周辺組織についても同じことが言えます。

脱毛では毛根や周辺組織にダメージを与えられますが、高校生は上記の理由で短期間で回復しやすいので、同じ箇所から再び毛が生えてくることも十分にあり得ます。

 

このように、高校生は脱毛効果が得られないこともあるので、その点についてはあらかじめ把握しておくことが大切です。

 

親が脱毛を反対する理由

若い時にやっても意味がないと思っている

 

脱毛後はしばらく経つと毛が生えてくるので、高校生のように早いうちから脱毛すると早い段階で毛が生えてくる可能性が出てきます。

親の中にはそのことによって脱毛の意味がなくなると思っている人も少なくありません。

 

また、先ほど説明した通り、高校生は毛が比較的薄く、毛根やその周辺組織も再生しやすい傾向があるので、脱毛効果が十分に得られない可能性があります。

脱毛効果が十分でないと結局また毛が生えてきやすくなるので、それによって意味がないと思っている親も多いです。

 

このように、親は高校生のような若い時期に脱毛してもあまり意味がなく、脱毛は成人してからやればよいと思っている人が多くいます

 

金額が高い

先ほど説明した通り、脱毛は決して安価なものではありません。

親としても脱毛は「高額」というイメージが強く根付いていることが多いので、高校生の子供に脱毛させるには少し躊躇しやすい傾向があります

 

また、高校生となると大学進学などでまだまだお金がかかる時期なので、親としてはなるべくお金は貯めておきたいと思っている人も多くいます。経済的な理由から高校生の子供に脱毛させられないでいる親も少なからずいるのも実態なのです。

 

このように、経済的な理由によって高校生の子供に脱毛させられず、脱毛はもう少し金銭的に余裕ができてから始めてほしいと思っている親も多くいます。

 

肌トラブルを心配している

高校生は肌が敏感になっているので、脱毛することで肌トラブルが生じる可能性を考えている親も多くいます。

特に、医療脱毛では施術でレーザーを使用するので、レーザーによる肌トラブルを懸念する声は少なくありません。

 

また、高校生は肌が乾燥しやすいので、脱毛後の乾燥によって肌トラブルが生じる可能性も出てきます。

ムダ毛が気になって脱毛したにもかかわらず、脱毛後の乾燥で肌トラブルが生じてしまっては、今度は別の悩みを抱える事態にもなりかねません。

 

このように、若いうちは肌が弱く、脱毛によって肌トラブルが生じる可能性もあることから、肌トラブルを心配して脱毛を勧めたくない親も少なからずいます

 

親を説得して脱毛を始める方法

ムダ毛がコンプレックスなことを相談する

親を説得するためには、まずは素直にムダ毛を処理したいことを伝えることが大切です。

高校生の子供がムダ毛にコンプレックスを抱えているとなると、親はなんとかして解決してあげたいと思うものなので、脱毛を検討してくれる可能性が高くなります。

 

また、ムダ毛が目立っていることにより、どのような副次的な悩みを抱えているのかを話すことも効果的です。

ムダ毛が原因で悩みが広がっているとなると、脱毛すれば解決できることも多いので、脱毛を受け入れてくれる可能性が高くなります。

悩みについては具体的な方が親も想像しやすいので、大雑把ではなく具体的に話すことも1つのポイントです。

 

このように、まずはムダ毛に対するコンプレックスや副次的な悩みを相談するとよいでしょう。

 

高校生から脱毛を始めるメリットを伝える

親に説得する際には、高校生から脱毛を始めるメリットを伝えることも大切です。

 

先ほど説明した通り、親は高校生で脱毛しても早い段階で毛が生えてきやすく、脱毛の意味がないと思っていることがあります。

これについては、医療脱毛であれば半永久的に生えてくることがなく、高校生で脱毛した方が効果を長く実感しやすいので、どうせやるなら早い方がメリットは大きいと伝えると効果的です。

 

また、サロンやクリニックではプロに脱毛をお任せできるので、細かい剃り残しなどを気にする必要がなくなります。

高校生は自己処理の経験が少なく、剃り残しなどができてしまうこともあるので、サロンやクリニックで脱毛した方が安心しやすいことを伝えるのもよいかもしれません。

 

安く施術できるサロンを探す

親に説得する際には、親の懸念事項が高額な脱毛サロン代であることを理解しておくことも大切です。

 

先ほど説明した通り、親は脱毛に対して高額なイメージを持っているので、この金銭的なハードルを下げる必要があります。

 

そのため、まずはリサーチして安いサロンを探しておくようにしましょう。

最近では割引サービスが豊富な店舗もあるので、そのような店舗であれば比較的安い金額で脱毛しやすくなっています。

また、脱毛は部位によって値段が異なるので、部位ごとの値段を確認しておくことも大切です。

 

高校生であれば学割が使えることも多く、成人より安く脱毛しやすくなっているので、そのことも伝えておくと金銭的なハードルを下げるうえで効果的です。

 

高校生が脱毛する際に親を説得する方法のまとめ

 

本記事の内容をまとめると、以下のようになります。

 

  • 高校生の脱毛では、お金の支払いや同意書、脱毛効果について注意が必要
  • 親は脱毛効果や金銭面、肌トラブルの可能性などを理由に脱毛に反対しやすい
  • ムダ毛がコンプレックスなことを正直に伝えると、高校生は親を説得しやすい
  • 高校生から脱毛するメリットを伝えることも、親を説得するうえでは効果的
  • 親の懸念事項を理解し、安く施術できるサロンを探しておくことも大切

 

脱毛したい高校生が親を説得する際には、いくつかのポイントをおさえておくことが大切です

 

親が脱毛に反対している場合には、本記事で解説したポイントを参考にして、もう一度説得してみてはいかがでしょうか。