初めての方へ
columnコラム

アンダーヘアがチクチクしない長さって何センチ?自己処理する際のポイント

脱毛

2022.2.6

アンダーヘアを気にする女性

アンダーヘアのチクチク感に悩んでいる方はいないでしょうか。

 

最近はアンダーヘアを手入れする風潮も強くなっており、自分で処理をする人が増えてきているのが現状です。

 

しかし、自分で処理した際にチクチク感が気になるという人も少なからずいるのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、アンダーヘアがチクチクしない長さや切り方、アンダーヘアを処理するメリット、アンダーヘアの処理におすすめなセルフ脱毛サロンについて解説していきます。

 

アンダーヘアのチクチク感が気になる方や、これから処理を考えている方には役に立つ内容となっていますので、是非本記事を参考にしてみてください。

 

アンダーヘアがチクチクしない長さ

 

アンダーヘアはどれくらいの長さに切ればチクチクしないのでしょうか。

 

結論を言うと、2cm〜3cm以上の長さであればチクチク感を感じることは少ないと考えられています。

 

これはアンダーヘアに以下のような特徴があるためです。

 

根元に向かうほど断面が尖りやすい

アンダーヘアは根元に向かう程太くなる傾向にあります。そのため、短く切りすぎると断面が尖りやすくなり、皮膚に触れた際にチクチクしてしまうのです。

だいたい2cm〜3cm以上の長さであればそこまで太くはないため、切った際にチクチク感を感じることは少ないと考えられます。

 

短すぎると毛が曲がりにくくなる

毛は長さが長いときにはある程度曲がるため、それがクッションになって触れた際の圧力もそこまで強くなることはありません。

しかし、長さが短いと毛は曲がりにくくなるため、触れた際に皮膚が強い圧力で押されることになり、チクチク感を感じやすくなります。

チクチク感を感じないようにするためには、皮膚に触れたときに毛がある程度曲がるように、長さに余裕を持たせることが大切です。

 

アンダーヘアがチクチクしない切り方

 

アンダーヘアをチクチクしないように切るためには、どのような方法で切っていけばよいのでしょうか。

 

ここではハサミでカットする方法とヒートカッターでカットする方法を紹介していきます。

 

ハサミでカットする

ハサミは多くの店舗で販売されているので手に入りやすく、扱いも簡単です。

そのため、アンダーヘアをカットするには最も簡便な方法と言えます。

カミソリや除毛クリームなどのように剃毛するわけではないので、皮膚に負担をかける心配もありません。

 

ハサミではカットした際にチクチクしやすいという声もありますが、先ほど説明したように2cm〜3cm以上の長さであれば基本的にはチクチク感は感じづらくなっています。

しかし、毛の太さには個人差が出てくるため、場合によってはこの長さでもチクチク感を感じる人もいるかもしれません。

そのような場合には、長さに余裕をもたせて少し長めに切っておくとチクチク感は感じづらくなってきます。

 

また、ハサミは刃先が皮膚に触れると危険な場合もあるので、カットする際は皮膚に触れないように注意することが大切です。

 

ヒートカッターでカットする

ヒートカッターは通常のハサミとは異なり、熱で毛を焼き切っていくアイテムとなっています。

熱で焼き切るため、カット後に毛の断面が尖りにくいのが特徴です。

ハサミの場合よりもチクチク感を感じづらくなっているため、アンダーヘアをカットする際にはおすすめの方法です。

 

ヒートカッターであれば毛の長さを多少短く切ったとしても断面が尖りにくいので、2cmよりも短くしたい場合にはヒートカッターを使用した方が無難と言えます。

また、最近ではアンダーヘア専用のヒートカッターも販売されているので、そのようなものを使うと簡単に処理することができます。

 

一方でヒートカッターには以下のような懸念点があるため、購入する際にはあらかじめ知っておくことが大切です。

  • 値段が若干高い傾向にある
  • 熱が発生するので皮膚に触れると火傷の危険性がある

 

 

ヒートカッターは通常のハサミよりも性能が優れているため、値段は若干高くなってきます。

肌に触れると危険な点はハサミでも同様ですが、ヒートカッターの場合は熱を扱っているためもう少し注意が必要です。

最近では火傷防止用のヒートカッターも販売されているので、安全面が心配な場合にはそのようなものを購入すると安心です。

 

アンダーヘアを処理するメリット

 

アンダーヘアを処理するメリットとしては以下のことをあげることができます。

 

vioの蒸れを抑えられる

下着の中は湿度が高いため、アンダーヘアが長いとvioが蒸れやすくなってきます。vioは皮膚がやわらかく、刺激に対して敏感な部位であることから、蒸れによって肌トラブルが生じやすいです。

また、蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなるため、ニオイが生じる可能性も否定できません。

 

アンダーヘアを処理することでvioの蒸れを抑えることができるので、このような問題を解決することができます。

 

衛生的に過ごすことができる

アンダーヘアが長いと経血や糞便などが付着しやすくなってきます。

付着物を放置しておくと雑菌が繁殖したり、ニオイが発生したり、場合によってはかゆみが生じたりする可能性があるため衛生的であるとは言えません。

 

アンダーヘアを処理することで付着物を減らすことができ、このような問題を抱えることなく衛生的に過ごすことが可能です。

 

見た目の清潔さが上がる

アンダーヘアを処理することで見た目の清潔さを上げることもできます。

 

例えば温泉などに行った際、アンダーヘアがきれいに処理されていると視覚的に清潔感を与えることができます。

また、人から見られないところもしっかりと手入れしているというプラスの印象を与えることも可能です。

見た目の清潔感や印象がよくなると気分よく過ごすことができます。

vio脱毛についてもっと詳しく

vio脱毛のメリットとデメリット

 

 

セルフ脱毛サロンならアンダーヘアの処理も簡単

 

アンダーヘアを処理する場合にはセルフ脱毛サロンがおすすめです。

 

それはセルフ脱毛サロンに以下のような特徴があるためです。

 

アンダーヘアを他人に見られる心配がない

 

セルフ脱毛サロンでは個室に入って自分で施術を行うため、他人にアンダーヘアを見られる心配がありません。

アンダーヘアをスタッフに見られることに対して抵抗を感じる人も少なからずいるかと思われますが、そのような場合でも安心して施術することが可能です。

セルフ脱毛サロンであれば他人の目を気にせずに簡単に処理することができます。

 

専用の脱毛器を使って施術することができる

セルフ脱毛サロンでは専用の脱毛器を使うことが可能です。

脱毛サロンに配備されている脱毛器なので、家庭用の脱毛器よりも性能が優れており、しっかりとした効果が見込めます。

使い方に関してはスタッフが教えてくれるため、誰でも簡単に、そして効果的にアンダーヘアを処理することができます。

 

通常の脱毛サロンよりも料金がお得

セルフ脱毛サロンは通常の脱毛サロンよりも料金が安く設定されているところが多いです。

そのため、アンダーヘアを処理するのにあまりお金をかける余裕がない場合でも、通いやすくなっています。

店舗によっては条件を達成することで割り引きされるところもあり、さらにお得に施術できるところもあります。

このようにサービスが充実しているところもセルフ脱毛サロンの魅力です。

 

ちなみに、セルフ脱毛サロン「セルフメイド」ではリピート割というシステムを導入しており、次回予約をするだけで次回の施術料金が割り引きされる仕組みになっています。

また、脱毛方法としてSHR脱毛を導入しており、痛みが出やすいと言われるvioでもほとんど痛みを感じることなく施術することが可能です。

気になる方は是非一度公式サイトをご覧になってみてください。