初めての方へ
columnコラム

Vライン脱毛でかゆみが出る原因と対処法!敏感肌に適した脱毛

脱毛

2022.9.24

Vライン脱毛でかゆみが出たという経験はないでしょうか。

 

Vライン脱毛をした後、Vラインにかゆみが出たという話はよく耳にします。

 

Vラインにかゆみが出るとどうしても気になってしまうので、生活にも支障をきたしてしまいがちです。

 

そのまま放置しておいても、一定期間は悩み続けることになってしまいます。

 

しかし、Vライン脱毛で出るかゆみには対処法があり、しっかりと対処することでかゆみを緩和することが可能です。

 

ちなみに、セルフ脱毛サロン「セルフメイド」のSHR脱毛であれば、肌への負担も少なく、かゆみも比較的出にくくなっています。

 

本記事では、Vライン脱毛でかゆみが出る原因やかゆみが出た時の対処法、かゆみが続く期間、SHR脱毛やセルフメイドについて解説をしていきます。

 

Vライン脱毛後のかゆみが気になる方や、Vライン脱毛を考えている方には有益な内容となっていますので、是非参考にしてみてください。

 

Vライン脱毛でかゆみが出る原因

痒み

Vライン脱毛でかゆみが出る原因としては、以下のことが考えられます。

 

自己処理した毛が伸びている

脱毛では安全性や効果の側面から、事前に毛を自己処理しておくことが一般的です。

 

しかし、脱毛は一度の施術で効果が表れることはないので、施術から少し経つと毛が伸びてきて、肌に接触するようになってきます。

 

自己処理した毛は処理方法によっては断面が太く、角が尖った状態になっているので、この毛が肌に触れると肌が刺激を受け、かゆみの発生につながってくるのです。

 

服装の締め付けがきつい

下着やズボンなどの服装の締め付けがきつい場合、Vラインでかゆみが発生しやすくなってきます。

 

服装の締め付けがきついとVライン周辺で隙間ができにくくなるので、その分だけ毛が肌に接触しやすくなるのです。

 

毛が肌に触れると肌が刺激を受けるので、結果としてVラインでかゆみが発生することにつながってきます。

 

また、服装の締め付けがきついと下着と肌との間で摩擦が起きやすくなるので、それによってVラインが刺激を受け、かゆみが生じることもあります。

 

脱毛の刺激による影響

脱毛の施術では一般的に熱の発生を伴うので、肌への刺激は避けられず、炎症などの肌トラブルを引き起こしてしまうことも珍しくありません。

 

特に、Vラインのようなデリケートな部位では刺激が大きくなりやすいので、それによってかゆみが生じることも多々あります。

 

Vラインが乾燥している

脱毛は刺激を伴うので、Vライン脱毛の施術後はVラインが乾燥しやすい状態になっています。

 

肌は乾燥すると刺激に敏感になり、わずかな刺激でも反応しやすくなるので、それによってかゆみが生じるケースも少なくありません。

 

乾燥の程度によっては肌トラブルが生じることもあり得ます。

 

Vライン脱毛でかゆみが出た時の対処法

Vライン脱毛でかゆみが出た時には、以下のような対処法が効果的です。

 

Vラインを保湿する

先ほど説明した通り、肌は乾燥しているとかゆみが生じやすくなってきます。

 

そのため、Vラインを保湿して乾燥を防ぐケアをすると、かゆみが緩和されるケースが多いです。

 

Vラインはデリケートな部位なので、保湿する際には極力低刺激なもので保湿することを心掛けましょう。

 

Vラインを冷却する

かゆみは施術時の熱や炎症などが原因で生じていることもあるので、そのような場合には冷却することでかゆみを和らげることができます。

 

冷却する際にはタオルや保冷剤などを使い、刺激を与えないようにしていくことが大切です。

 

締め付けの緩い服装を着る

先ほど説明した通り、服装の締め付けがきついと肌に毛が触れやすくなるので、その刺激でかゆみが生じることもあります。

 

そのため、服装の締め付けが強い場合には、締め付けを緩くし、肌に毛を触れにくくすることでかゆみを緩和することが可能です。

 

血行がよくなる行動を控える

血行がよくなると体温が上昇したり、炎症が悪化したりするので、それによってかゆみが出ることもあります。

 

施術直後は特にその傾向が強いので、施術した日は運動を控えたり、入浴をシャワーで済ましたり、飲酒を控えたりして安静にしておくと安心です。

 

Vライン脱毛後かゆみが続く期間

Vライン脱毛後はどれくらいの期間かゆみが続くのか、気になる方もいるかと思われます。

 

これについて結論を言うと、Vライン脱毛後は強いかゆみが2~4日間続き、その後は次第に治まっていくことが多いです。

 

脱毛後の数日間に強いかゆみが続きやすい理由としては、以下のことがあげられます。

  • 毛の断面が太く、角が尖った状態になっているため
  • 施術時の熱がこもっているなど、施術の影響を受けているため

 

日にちが経つと下着との摩擦などで毛先が丸く細くなっていき、施術の影響もなくなっていくので、徐々にかゆみが治まっていきます。

 

ちなみに、脱毛を始めたての頃はなかなか効果が表れないので、比較的かゆみが強く出やすいです。

 

6回程度繰り返してくると毛質が少しずつ変わってくるので、かゆみの程度も少しずつ軽くなってきます。

 

SHR脱毛なら肌への負担も少ない

 

脱毛方式には様々なものがありますが、中でもSHR(スーパー・ヘア・リムーバル)脱毛には以下の特徴があるので、肌への負担を少なくして脱毛することが可能です。

 

蓄熱式の脱毛方式

SHR脱毛は蓄熱式脱毛と呼ばれる脱毛方法であり、肌に光を照射して、熱をゆっくりと蓄積させて脱毛していきます。

 

そのため、肌に強い刺激を伴うことはほとんどありません。痛みを感じることもほとんどなく、感覚としてはジーンとした温かさが続くような感じになっています。

 

強い熱が発生しない

SHR脱毛では標的が毛包周辺のバルジ領域になっているので、照射する光がメラニン色素に反応することはありません。

 

そのため、瞬間的に強い熱が発生することがなく、肌への刺激を抑えて脱毛することができるようになっています。

 

ちなみに、SHR脱毛には以下の特徴もあるので、他の脱毛方式よりも脱毛しやすくなっています。

  • 日焼けしていても脱毛できる
  • ほくろがあっても脱毛できる
  • 毛周期を気にせずに脱毛できる

 

 

契約なしのSHR脱毛方式導入サロンで脱毛

 

脱毛サロンには様々な種類の店舗がありますが、中でもセルフ脱毛サロン「セルフメイド」には以下の特徴があるので、安心して脱毛することが可能です。

 

契約がない

一般的な脱毛サロンとは異なり、セルフメイドでは契約が不要になっています。

 

契約が不要なので入会費や年会費などの契約金がかからず、安心して脱毛を始めることが可能です。

 

また、プランなどの契約もないので、自分の好きな部位を自由に脱毛できるようになっています。

 

SHR脱毛を導入している

セルフメイドでは脱毛方式としてSHR脱毛を導入しています。

 

先ほど説明した通り、SHR脱毛は肌への負担が少ないので、痛みをほとんど感じることなく脱毛することが可能です。

 

また、SHR脱毛は脱毛部位が日焼けしていても脱毛できるので、日焼けを過剰に気にする必要もありません。

 

リピート割がある

セルフメイドにはリピート割という独自の割引サービスがあります。

 

リピート割を使うと、次回の施術予約をするだけで次回の施術費用が2200円も割引されるので、非常にお得に脱毛していくことが可能です。

 

リピート割には回数制限がないので、毎回予約しておくと毎回割引価格で脱毛することができます。

 

支払いが都度払い制になっている

セルフメイドでは料金の支払いが都度払い制になっています。

 

都度払い制では料金を一度にまとめて支払わず、施術する度に一回ずつ支払っていくので、まとまった金額が不要です。

 

料金面での負担が小さいので、安心して脱毛していくことができます。