初めての方へ
columnコラム

VIO脱毛する時はどんな体勢?前処理や恥ずかしくない脱毛方法を紹介

脱毛

2022.10.12

一般的にVIO脱毛ではスタッフにVIOを見られることになるので、恥ずかしさを感じることも少なくありません。

 

特に、施術時の体勢についてはあらかじめ知っておかないと心の準備もしにくくなり、不安な気持ちになりがちです。

 

そこで本記事では、VIO脱毛する際の体勢について解説をしていき、VIO脱毛をするにあたっての前処理や服装などについても解説していきます。

 

本記事を読んでおけば、VIO脱毛する際の心の準備がしやすくなり、安心してVIO脱毛することが可能です。

 

また、恥ずかしさを感じずにVIO脱毛できるセルフ脱毛サロン「セルフメイド」についても解説していますので、VIO脱毛を控えている場合には是非参考にしてみてください。

 

VIO脱毛の時はどんな体勢?

VIO脱毛する際にはどのような体勢で施術をするのか、知らない方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、VIO脱毛する時の体勢について解説をしていきます。

 

Vラインを脱毛する場合の体勢

Vライン脱毛時の体勢

Vラインを脱毛する場合には、仰向けに寝転び、足を肩幅程度に軽く開いた状態で施術を行います。

 

無理な体勢をしたり、足を大きく開いたりする必要はないので、楽な体勢で施術を受けることが可能です。

 

スタッフについては基本的に下半身側にいるので、施術中に目が合うことはほとんどなく、恥ずかしさも比較的感じにくくなっています。

 

どうしても心配な場合には、目を閉じておくと安心しやすいです。

 

Iラインを脱毛する場合の体勢

Iライン脱毛時の体勢

Iラインを脱毛する場合には、仰向けに寝転んで足を軽く開き、片方の足を立てて横に倒した状態で施術を行います。

 

片足を曲げて4の字を作り、そのまま外側に軽く開いたようなイメージです。

 

陰部は左右両サイドに毛が生えているので、施術する側に合わせて曲げる足を交互に変えていきます。

 

Iライン脱毛は陰部を見られることになるので、恥ずかしさを感じることがあるかもしれません。

 

ただ、施術時間が長くなることはあまりなく、施術中にスタッフと目が合うこともほとんどないので、大きく心配する必要はないと言えます。

 

Oラインを脱毛する場合の体勢

Oライン脱毛時の体勢

Oラインを脱毛する場合には、以下のいずれかの体勢で施術を行っていきます。

 

  • うつ伏せになって足を軽く開く
  • 横向きになって上の足を軽く曲げる
  • 四つん這いになる

 

脱毛サロンによって体勢は変わってきますが、多くの場合はうつ伏せになって足を軽く開くことが多いです。

 

ただ、施術しにくい場合など、施術時の状況によっては横向きになったり、四つん這いになったりする可能性も出てくるので、その点については注意が必要です。

 

Oライン脱毛はスタッフに背を向けた姿勢になることが多いので、Vライン・Iライン脱毛と同じようにスタッフと目が合うことはほとんどなく、恥ずかしさは感じにくくなっています。

 

VIO脱毛する際の前処理

 

VIO脱毛する場合には、あらかじめVIOを前処理しておく必要があります。

 

安全に、そして効果的にVIO脱毛をしていくためにも、前処理は欠かせないのです。

 

VIOの前処理の方法については、以下の通りとなっています。

 

アンダーヘアをカットする

アンダーヘアが長いままだとシェービングしにくくなるので、まずはアンダーヘアをある程度カットしておきます。

 

カットする際にはハサミなどを使い、無理のない範囲で行っていくことが大切です。

 

また、VIOは自分からは見えない部分もあるので、鏡を使って行っていくようにしましょう。

 

シェービングする

 

カットした後はアンダーヘアをシェービングしていきます。

 

VIOは非常にデリケートな部位なので、シェービングする際にはカミソリよりも電気シェーバーを使った方が安心です。

 

また、シェービングは毛並みに沿って行っていくと肌への負担が小さくなり、肌を傷つけにくくなってきます。

 

シェービングでもしっかりと鏡を使っていくことが大切です。

 

保湿する

 

シェービングした後は肌が乾燥しやすくなっているので、肌トラブルを生じさせないためにも、しっかりとVIOを保湿しておきます。

 

保湿する際にはデリケートなVIOに合わせて、極力低刺激なもので保湿していくと安心しやすいです。

※ 自己処理は無理に行うと危ないので、自分の手が届きにくい部分については自己処理しておく必要はありません。脱毛サロンなどでは処理してくれるところもあるので、自己処理できなかった部分についてはスタッフに相談しておくと安心です。

 

VIO脱毛はどんな服装で行けばいい?

VIO脱毛する際にはどのような服装で行けばよいのか、迷う方もいるのではないでしょうか。

 

VIO脱毛では、一般的に上下が分かれており、脱ぎ着しやすい服装であれば問題ありません。

 

脱毛サロンなどに行くと施術用に服装が用意されていることが多く、VIO脱毛をする際には施術前に下半身だけ着替えることも少なくありません。

 

そのため、下半身だけ脱ぎ着ができるように、上下が分かれている服装をしていった方が安心しやすいです。

また、予約状況などによっては着替えが遅いと施術時間が短くなることもあります。スムーズに着替えてしっかりと施術時間を確保するためにも、脱ぎ着しやすい服装をしていった方が安心しやすいです。

 

脱ぎ着しやすい服装は締め付けが緩いものが多く、肌への刺激が弱い傾向があるので、施術後の肌の状態を考えてもおすすめできる服装と言えます。

 

ちなみに、VIO脱毛の施術前には、下半身を以下のような服装に着替えることが多いです。

 

  • 紙ショーツ
  • ガウン

 

店舗によって服装は変わってきますが、基本的には上記のうちの片方、あるいは両方を身に着けることが多くなっています。

 

施術する部位以外はタオルで隠してくれることも多く、VIOが丸見えの状態になることはないので、その点については心配は必要ありません。

 

店舗側もしっかりと配慮をしてくれるので、安心して施術を受けやすくなっています。

 

脱毛時の服装については以下の記事でも詳しく解説していますので、気になる場合には是非参考にしてみてください。

 

https://self-made.jp/column/clothes

 

VIO脱毛が恥ずかしい人はセルフメイドがおすすめ

セルフメイドで脱毛

VIO脱毛を控えている方の中には、どうしてもVIOを見られることに抵抗がある方もいるかもしれません。

 

そのような場合には、セルフ脱毛サロン「セルフメイド」でVIO脱毛するのがおすすめです。

 

セルフメイドでは個室に入って自分で施術をしていくので、スタッフにVIOを見られる心配がありません。VIOを見られることに抵抗がある場合でも、安心してVIO脱毛することができます。

 

また、セルフメイドには以下の特徴もあり、さらに安心してVIO脱毛していくことが可能です。

 

SHR脱毛を取り入れている

セルフメイドでは脱毛方式としてSHR脱毛が取り入れられています。

 

SHR脱毛は肌に熱をゆっくりと蓄積させて脱毛していくので、瞬間的に強い痛みを伴う心配がありません。

 

VIOのようなデリケートな部位についても、安心して脱毛しやすくなっています。

 

個室に2人まで入室できる

セルフメイドでは1つの個室に2人まで入室することができ、友人やパートナーなどと一緒に脱毛することができるようになっています。

 

そのため、VIOのように自分から見えにくく、手の届きにくい部位であっても、安心して脱毛することが可能です。

 

また、1つの個室であれば2人で入室しても1人分の料金で脱毛できるので、値段もお得になってきます。

 

リピート割でお得に脱毛できる

セルフメイドにはリピート割と呼ばれる独自の割引制度があり、次回の施術予約をすると次回の施術料金が2200円割引されるようになっています。

 

VIO脱毛では一般的に複数回の施術が必要になってくるので、リピート割を使うことで安心して脱毛を進めていくことが可能です。