初めての方へ
columnコラム

vioを薄くしたいならセルフ脱毛がおすすめ!何回通えば薄くなるかも解説!

脱毛

2021.12.8

vioを薄くしたいけどやり方が分からない、そのような方はいないでしょうか。

 

最近はvio脱毛の需要が高まっており、多くの人が同じような悩みを抱えている傾向にあります。

 

しかし、vioはデリケートな部位であるため、なかなか他の人に相談しづらいこともあるかと思われます。そのような場合には、セルフ脱毛サロンがおすすめです。

 

本記事では、vioの脱毛や自己処理方法について解説していき、vioを薄くするにはセルフ脱毛サロンがおすすめな理由や、何回通えば薄くなるのかといったことまで徹底的に解説していきます。

 

vioを薄くしたいと悩んでいる方には役立つ内容となっていますので、是非参考にしてみてください。

 

vio脱毛は何回で薄くなる?

 

vio脱毛は何回行えば薄くなるのか、疑問に思っている方も多くいるかと思われます。

 

実は、vio脱毛で薄くなる回数には、施術間隔や体質などが大きく関わっているのです。

 

施術間隔で違う

 

vio脱毛は間隔を空けて施術を行いますが、この間隔の違いによって薄くなるまでの回数が変わってきます。

一般的には、脱毛は成長段階の毛に対して効果を発揮するため、成長段階の毛が生え揃ったタイミングで脱毛するのが最も効率的です。vioラインでは成長段階の毛が生え揃うまでに約1か月半~2か月の期間が必要となるため、vio脱毛もこのくらいの期間を空けて施術するのが効果的となっています。

 

 

毛が生え揃う前の施術では、成長段階の毛の割合が少なく、脱毛効果が落ちてしまいます。生え揃ってしばらく経過した後の施術では、脱毛効果は表れますが、成長段階を終えて脱毛効果が発揮されにくくなった毛が増えている可能性があり、非効率的です。

 

ちなみに、脱毛を継続していくにつれて毛が生え揃うまでの期間は長くなり、3~4回目くらいでは約3か月、5~6回目くらいでは約4~6か月の期間が必要になってきます。脱毛回数を重ねていくにつれて、施術間隔を長くすることも大切になってくるのです。

 

体質によっては回数が多くなることも

 

体質によっては薄くなるまでに多くの施術回数が必要になることもあります。

 

これは毛が生えてから抜け落ちるまでの毛周期に個人差があるためです。毛周期が長い場合には、成長段階の毛が生え揃うまでにかかる期間も長くなり、同じ約1か月半~2か月の間隔でも成長段階の毛の割合が少なくなってきます。

 

すると1度の施術で得られる脱毛効果も下がってしまうため、薄くなるまでに多くの施術回数が必要になることもあるのです。

 

vio脱毛する前には、自身の毛周期の間隔をある程度把握しておくと、脱毛に必要な施術回数や期間が予想しやすくなります。

 

vioの自己処理方法

 

vioの自己処理方法は以下の通りです。

  1. 毛をハサミでカット
  2. 電気シェーバーで剃る
  3. 保湿する

 

 

最初は毛をハサミで軽くカットし、電気シェーバーに引っかからないよう備えます。カット後は電気シェーバーで剃り、保湿ケアして完了です。vioは見にくいため、必ず鏡を使いましょう。

 

以下の記事ではセルフvio脱毛のやり方を詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

 

セルフvio脱毛のやり方を解説!正しい自己処理方法

 

vioの脱毛は男目線でどうなの?

  • 好意的な印象を持つことが多い
  • 清潔感を感じる
  • vioに関しては個人差もある

女性の場合、男目線でvioの脱毛がどのように映るのか気になるところだと思います。

 

結論から言うと、女性のvio脱毛に対して、男性は好意的な印象を持っていることが多いです。その理由としては、やはり清潔感を感じられるといったことがあげられます。

 

vio脱毛をするとアンダーヘアの量が減るため、女性のvioを見た際に視覚的に清潔感を感じる男性は多いです。特にiラインやoラインは女性からはほとんど見えず、男性からの方がしっかりと見える部位でもあるので、このような部位がしっかり脱毛処理されていると好印象を抱きやすくなってきます。

 

また、女性のvioに対して知識がある男性の場合は、vio脱毛されていることでアンダーヘアによる蒸れやニオイが生じにくくなっていることが理解できるため、より清潔感を抱くようになることが考えられます。脱毛したvioは脱毛前に比べて衛生的に保たれているため、男性も安心することが可能です。

 

一部の男性は女性のvio脱毛に対してあまり良い印象を持っていないこともありますが、好みにはどうしても個人差が出てくるものなので、ここは仕方のない部分です。

しかし、このような男性の場合は女性がvio脱毛する背景を知らないこともあるので、自分がどういう理由でvio脱毛しているのかを説明することで、vio脱毛に対する印象が変わる可能性もあります。

vio脱毛についてもっと詳しく

vio脱毛のメリットとデメリット

 

 

vioは自己処理よりもセルフ脱毛サロンがおすすめ

vioは自己処理するよりも、セルフ脱毛サロンで脱毛する方がおすすめです。

 

vioはデリケートな部位であるため、脱毛サロンではスタッフに見られることに抵抗を感じる人も多くいるかと思われます。

しかし、セルフ脱毛サロンであればスタッフに見られる心配はなく、安心して施術することが可能です。

 

セルフ脱毛サロンについていくつか疑問に思うこともあると思いますので、ここではいくつかの内容について解説をしていきます。

 

全体照射の回数は何回?

 

セルフ脱毛サロンでは光脱毛を採用しているところが多く、光脱毛でvio脱毛する場合、全体照射の回数は4~6回程度が良いとされています。

 

一般的に、毛全体の中で成長段階に当たる毛は約20%と言われており、全体照射であっても一度の脱毛で効果が発揮されるのはこの約20%の毛のみです。

残りの約80%の毛は脱毛効果が発揮されていないため、再度生え揃ったタイミングで約20%ずつ脱毛していく必要があります。

その結果、vio脱毛において効果を実感するには、合計で4~6回程度の全体照射が必要になってくるのです。

 

しかし、先程も説明した通り毛周期には個人差があるため、毛全体の中でも成長段階の毛が20%より少ない人もいれば、多い人もいます。

このような場合には、一度の全体照射で脱毛できる毛の数が変わってくるため、必要な照射回数も変わってきます。

自分に必要な照射回数を把握するためにも、毛が生え揃う期間をある程度理解しておくことが大切です。

 

薄くしたい場合でも全剃りで通うの?

 

vioを薄くしたいだけで、ツルツルにしたいわけではないという人でも、全剃りして通う必要があるのでしょうか。

 

結論としては、全剃りで通った方が良いと言えます。

 

vio脱毛する前には事前処理として剃毛しておく必要がありますが、光脱毛を効果的に、そして安全に行うためにも、この時点で全剃りしておくことが大切です。剃り残しがあった場合には、その部位の脱毛効果が落ちたり、光を過剰吸収して火傷したりする可能性が出てきます。

 

事前処理で全剃りすると、脱毛後には全ての毛が生えてこなくなるのではと心配する人もいるかと思いますが、一般的にそのようなことはありません。先程も説明した通り、毛全体の中でも成長段階の毛は20%程度であり、全剃りしてもこの20%程度の毛にしか脱毛効果が発揮されないためです。脱毛効果を得ていない大部分の毛は、時間の経過とともに生えてきます。

ただし、脱毛回数を重ねていくにつれて生えてくる毛量が減ってくるため、自分の目指す薄さよりも毛が薄くならないよう注意する必要はあります。

 

vioを薄くしたい場合には、全剃り状態でセルフ脱毛サロンに通い、生えてくる毛量が減るまで回数を重ね、自分の目指す薄さまで毛を薄くしていくという方法がベストです。

 

ちなみに、vio脱毛する際はセルフ脱毛サロン「セルフメイド」がおすすめです。

 

vio脱毛は痛みがやや強く伴いますが、セルフメイドでは痛みの少ないvio脱毛が可能になっています。

完全個室で他の人から見られる心配もなく、専用機器の使い方もスタッフがしっかりと説明してくれるため、vio脱毛初心者の方でも安心して通うことが可能です。